SDGsへの取り組み

国連のSDGs(持続可能な開発目標)への貢献:

SDGs(持続可能な開発目標)は、2015年9月に国連において世界のリーダーによって決められた国際社会共通の目標です。SDGsは我々人類にとって重要な指標であり、これまで人間活動がもたらしてきた環境破壊問題は、生活環境だけでなく社会経済や健康の分野にも大きな懸念材料となっています。特に気候変動による水と食料の確保が深刻な問題です。持続可能な開発目標(SDGs)は、グローバル目標とも呼ばれ、貧困をなくし、地球を守り、2030年までにすべての人々が平和と繁栄を享受できるようにするための普遍的な行動の呼びかけとして、2015年に国連で採択されました。

17のSDGsには相関関係があります。加盟国は、ある分野での行動が他の分野での成果に影響すること、そして開発は社会、経済、環境の持続可能性のバランスをとる必要があることを認識しています。

国連の加盟国は、2030年までに人類すべての社会経済および健康の平等をアジェンダとしてSDGsに取り組んでいます。各国、各組織、さらには人種、宗教、国境に関係なく、一人一人が17のSDGsに向けて前進し、貢献することが求められています。

FARMROIDは、環境をクリーンにし、安全な場所を保つことにより、SDGsの達成に向けて取り組んでいます。ファームロイドは、医学、農業、UVフォトニクス、バンドエンジニアリングの分野での知恵を向上させることにより、人類の未来に貢献できるUVC LED技術を開発しています。

我々が目指していることは:

ゴール3: すべての人に健康と福祉を

  • 水系感染症及びその他の感染症に対処するため、UVテクノロジーで水、空気、表面などの殺菌に取り込んでいる。
  • LEDで安全およびクリーンな環境を促進し、それにより有害化学物質の使用を最小限に抑えて並びに大気、水質及び土壌の汚染を防ぐ。
  • 正常な細胞が癌細胞になるのを防ぐことができる植物化学物質を放出するUV技術で植物の成長をサポートする。

ゴール 6: 安全な水とトイレを世界中に

  • UVテクノロジーによる殺菌後、安全な飲料水を提供することにより、水質を改善する。
  • 安全なLEDを促進することにより、有害な化学物質の放出を最小限にし、水の汚染を減らす。

ゴール7: エネルギーをみんなに、そしてクリーンに

  • 安くてエネルギー効率が高く、環境を汚染せず、生体に無害のFar-UVC LEDを開発することにより、信頼できる現代的エネルギーサービスへの普遍的アクセスを確保する。

ゴール13: 気候変動に具体的な対策を

  • LEDは気候変動の原因となる物質を含まない、または放出しないため、より安全でクリーンになる。