お知らせ

5.282020

【お知らせ】UVバスターの新型コロナ除去効果を板橋区が発表

板橋区の産学官連携により開発中の紫外線照射ロボットで新型コロナの除去効果を確認

こちらのリンクからご覧ください。

~本文の一部抜粋~

実証実験では、新型コロナウイルスに対して、株式会社ファームロイドが開発した紫外線照射
ロボットによる紫外線照射実験を行い、新型コロナが減少したことを確認した。
先日、米国製の紫外線照射ロボットが新型コロナに効果があったことが発表されたばかりで、
日本でも国産の紫外線照射ロボットによる新型コロナへの除去効果が実証された。日本大学生産
工学部の協力も得て、より高度な殺菌能力を持ったロボットの開発を目指している。
紫外線照射ロボット「UVBusterTM」を開発した同社は「農作物ウイルスへの紫外線殺菌の研究
から現在に至った。開発したロボットの特殊な深紫外線照射によって新型コロナに効果があった
ことは何よりの励みになる。このロボットは遠隔地からのWEBコントロール機能によって、自
宅PCから病院内のロボット操作ができるので、紫外線照射しない時は院内巡回や患者応対も可
能だ。まずは医療施設用として開発、今後は商業施設や宿泊施設などさまざまな用途での実証実
験を行う予定だ。」と述べている。同社は、板橋区立ものづくり研究開発連携センター(区が区
内企業の研究開発やものづくり企業活性化を支援する施設)において研究開発を行っている。

~~~~~

 

 

過去の記事

  1. 7.52021

    【メディア】紫外線によるSARS-CoV-2の不活化のメカニズムが『Scientific Reports』オンライン版に掲載

    当社は理化学研究所、日本大学、東京大学らの共同研究グループに参画し、紫外線によるSARS-CoV-2...

  2. 6.292021

    【お知らせ】「生体無害ウイルス不活化230nm深紫外LEDパネルの研究開発」がNEDOに採択されました

    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の公募「NEDO 先導研究プログラム/...

  3. 3.312021

    東京農工大学と紫外線装置による殺ウイルス効果の検討に関する共同研究契約を締結

    当社は東京農工大学と紫外線装置による殺ウイルス効果の検討に関する共同研究契約を締結しました。

ページ上部へ戻る