お知らせ

7.182020

【メディア】UVバスターが毎日新聞の一面に掲載

紫外線でウィルスを除去するロボット 「医療従事者の支えに」

2020年7月18日付 毎日新聞夕刊1面にて、UVバスターが紹介されました。

こちらのリンクからご覧ください。(有料記事)

~本文の一部抜粋~

青白い光を放ちながら、待合の椅子が間隔を空けて並ぶ病院の発熱外来を動き回るロボットの試作機。新型コロナウイルス患者を診る日本大板橋病院で紫外線を照射し、壁や床などに付着したウイルスを除去している。

農業・医療分野で細菌やウイルスなどの活用技術を開発する「ファームロイド」(飯村一樹代表)が、東京都板橋区と同病院の産官学連携で4月から実証実験を進めてきた。

「UVバスター」と名付けられたロボットが照射するのは、一般の紫外線より波長が短く、強い殺菌作用から食品工場などでも使われる「深紫外線(UV-C)」。インフルエンザウイルスに10センチの距離から2・46秒照射すると99・99%を不活性化でき、5月下旬の試験では新型コロナウイルスに対しても一定時間の照射で除去が確認されたという。

~~~~~

過去の記事

  1. 7.52021

    【メディア】紫外線によるSARS-CoV-2の不活化のメカニズムが『Scientific Reports』オンライン版に掲載

    当社は理化学研究所、日本大学、東京大学らの共同研究グループに参画し、紫外線によるSARS-CoV-2...

  2. 6.292021

    【お知らせ】「生体無害ウイルス不活化230nm深紫外LEDパネルの研究開発」がNEDOに採択されました

    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の公募「NEDO 先導研究プログラム/...

  3. 3.312021

    東京農工大学と紫外線装置による殺ウイルス効果の検討に関する共同研究契約を締結

    当社は東京農工大学と紫外線装置による殺ウイルス効果の検討に関する共同研究契約を締結しました。

ページ上部へ戻る