お知らせ

5.42020

UV殺菌ロボット「UVBuster」を提供します

4月から大手紫外線ランプメーカーと開発しているUV殺菌ロボット「UVBuster」。

インフルエンザウイルスは10cm照射距離で2.46秒照射で不活性化します。

非常に危険は光ではありますが、COVID-19(新型コロナウイルス)に対して有効ではないか、研究しております。

 

 

過去の記事

  1. 7.312020

    [Media] NTT東日本の導入事例として日本経済新聞に掲載されました

    NTT東日本が、新型コロナウィルス感染対策として、ラボ内の人の密度を検知する自動カメラや紫外線の殺菌...

  2. 7.182020

    [Media] 毎日新聞一面に掲載されました

    紫外線でウィルスを除去するロボット 「医療従事者の支えに」...

  3. 7.172020

    大きな反響のなか、商品発表会が終了しました

    令和2年7月10日、13日、14日、15日とお問い合わせのあった企業さまと直接の面談およびzoomに...

ページ上部へ戻る