お知らせ

5.42020

【お知らせ】紫外線殺菌ロボット「UVBuster」を開発

4月から大手紫外線ランプメーカーと開発しているUV殺菌ロボット「UVBuster」。

インフルエンザウイルスは10cm照射距離で2.46秒照射で不活性化します。

当社においては、COVID-19(新型コロナウイルス)に対しての有効性の研究を続けて参ります。

 

 

過去の記事

  1. 7.52021

    【メディア】紫外線によるSARS-CoV-2の不活化のメカニズムが『Scientific Reports』オンライン版に掲載

    当社は理化学研究所、日本大学、東京大学らの共同研究グループに参画し、紫外線によるSARS-CoV-2...

  2. 6.292021

    【お知らせ】「生体無害ウイルス不活化230nm深紫外LEDパネルの研究開発」がNEDOに採択されました

    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の公募「NEDO 先導研究プログラム/...

  3. 3.312021

    東京農工大学と紫外線装置による殺ウイルス効果の検討に関する共同研究契約を締結

    当社は東京農工大学と紫外線装置による殺ウイルス効果の検討に関する共同研究契約を締結しました。

ページ上部へ戻る