安全性

UVランプの使用時取り扱い方の注意

  • 保護されていない状態で作業すると怪我をする可能性があるため、常にPPEキットを使用してください。
  • 発火・火傷の恐れのある物の近くでランプを使用しないでください。
  • 点灯中はランプに触れないでください。ランプをしばらく冷ましてください。
  • 指紋がランプのエンベロープを弱め、爆発につながる可能性があるためランプのガラスに触れたり引っかいたりしないでください。
  • 使用前後は、ランプを専用の保護ケースに入れておいてください。
  • ランプの寿命が限界に達したら、ランプを交換してください。古いランプは爆発する可能性があるため、交換する必要があります。
  • 使用済みUVランプは自治体のルールに従って廃棄してください。

UVランプの安全な使用に関する重要な注意

  • 他人に当たらないように、UVランプは遠隔地のみで使用してください。
  • 光っているUVランプに近づき、保護されていない状態で作業すると怪我をする可能性があるため、常にPPEキットを使用してください。
  • 警戒標識、保護具、UV照射の症状に注意してください。
  • UVランプからの距離をできるだけ遠くし、照射時間をできるだけ短くしてください。距離を問わず、UV光源を直接見ることは絶対に危険です。

UVランプの使用に伴うリスク

ランプの爆発

  • ソーラーシミュレーターで使用されるアーク灯には高圧ガスが含まれているため、取り扱いには注意してください。指紋がランプのエンベロープを弱めて爆発につながるため、ランプの取り扱いには常に綿の手袋を使用し、ランプのガラスに素手で触れたり引っかいたりしないでください。指紋が付着した場合は、イソプロピルアルコールときれいなちり紙で拭き取ってください。
  • 電気接続の適切な極性でランプを取り付けてください。電気接続を締めるときはランプのガラスにストレスをかけないでください。
  • ランプの寿命が限界に達したら、ランプを交換してください。古いランプは爆発する可能性があるため、交換する必要があります。
  • 230nm以上の高出力の紫外線に当たった場合は、近くの医療機関を受診することをおすすめします。

水銀 (Hg)中毒

  • ランプが壊れたり爆発したりすると、水銀汚染が発生する可能性があります。水銀汚染の適切な取り扱いについては、自治体に相談してください。

火傷

  • ランプは通常の操作中に非常に高温になり、触れると重度の火傷を負う可能性があるためランプを消してから少なくとも15分ほどランプを冷ましてください。

世界保健機関による化学物質で健康に関する10個の懸念には、水銀蒸気を含むUVランプの使用が含まれます。そのため、ランプの破損や漏れがないように特に注意する必要があります。使用済みや壊れたUVランプは自治体のルールに従って廃棄してください。